2009年07月16日

ニューヨーク原油相場は大幅反発し、過去6週間で最大の上昇となった。

原油相場レポート

ニューヨーク原油相場は大幅反発し、過去6週間で最大の上昇となった。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比2.02ドル高の1バレル=61.54ドルで取引を終えた。


(背景)
★米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、製油所の稼働率上昇に伴い原油在庫が予想以上に減少したことが明らかになった。先週の原油在庫は281万バレル減少した3億4450万バレル。予想は210万バレルの減少だった。製油所の稼働率は87.9%と8月以来の高水準。
★株式相場の上昇で、景気の先行きに対する楽観が広がったことも、原油相場の支援材料となった。
posted by mori at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ニューヨーク原油先物相場は続落。

原油相場レポート

ニューヨーク原油先物相場は続落。朝方は、株高を受け原油価格は高かった。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比0.17ドル安の1バレル=59.52ドルで取引を終えた。


(背景)
米エネルギー省が15日に発表する週間在庫統計では、ガソリン在庫が5週連続で増加したと見込まれているため。
posted by mori at 10:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

10日のニューヨーク取引所の原油先物相場は続落。

原油相場レポート

10日のニューヨーク取引所の原油先物相場は続落。8月渡しが一時、1バレル=58.32ドルまで続落し、約2カ月ぶりの安値をつけた。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比0.20ドル安の1バレル=59.69ドルで取引を終えた。


(背景)
米金融当局が原油などの商品取引規制を強化するとの観測も相場の重しとなったが、株が反発したことから、徐々に買い戻された。
posted by mori at 09:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

10日のニューヨーク取引所の原油先物相場は反落。

原油相場レポート

10日のニューヨーク取引所の原油先物相場は反落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比0.52ドル安の1バレル=59.89ドルで取引を終えた。


(背景)
米消費者マインド指数が予想以上に低下し、株も小甘かった。
posted by mori at 10:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

9日のニューヨーク取引所の原油先物相場は7営業日ぶりに小反発。

原油相場レポート

9日のニューヨーク取引所の原油先物相場は7営業日ぶりに小反発。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比0.27ドル高の1バレル=60.41ドルで取引を終えた。


(背景)
前日まで6営業日続落し計11ドル超急落した反動で安値を拾う買いが入った。
posted by mori at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は6営業日続落。

原油相場レポート

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は6営業日続落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比2.79ドル安の1バレル=60.14ドルで取引を終えた。5月中旬以来の安値水準。


(背景)
★本日発表の週間石油統計でガソリン在庫が増加した。
★ドル相場がユーロなどに対して上昇したこともネガティブだった。

(ご参考)
★米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が8日発表した週間石油統計によると、3日現在の原油在庫(戦略備蓄を除く)は前週比290万バレル減の3億4730万バレルと5週連続で減少した。市場予想は230万バレルの減少。ガソリン在庫は190万バレル増の2億1310万バレルと4週連続で増加した。市場予想は90万バレル増。石油精製品在庫は370万バレル増の1億5870万バレル。予想は190万バレル増。
★米国石油協会(API)の週間統計によると、原油在庫は前週から139万8000バレル減、ガソリン在庫は76万7000バレル増、石油精製品在庫は341万6000バレル増だった。
posted by mori at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は5営業日続落。

原油相場レポート

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は5営業日続落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比1.12ドル安の1バレル=62.93ドルで取引を終えた。


(背景)
★雇用情勢の悪化などから、景気回復に時間がかかるとの見方が強まった。
★ドル相場がユーロなどに対して上昇したこともネガティブだった。
posted by mori at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は大幅続落。

原油相場レポート

6日のニューヨーク取引所の原油先物相場は大幅続落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比2.68ドル安の1バレル=64.05ドルで取引を終えた。


(背景)
★先週発表された米雇用統計の悪化などで、景気回復への楽観的な見方が後退。
★ドル相場がユーロなどに対して上昇したこともネガティブだった。
posted by mori at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

29日のニューヨーク取引所の原油先物相場は大幅続落。

原油相場レポート

29日のニューヨーク取引所の原油先物相場は大幅続落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比2.58ドル安の1バレル=66.73ドルで取引を終えた。


(背景)
6月の米雇用統計が市場予想よりも大きく悪化し、米経済の回復が遅れ、エネルギー需要が伸びないとの見方が強まった。
posted by mori at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

原油先物相場は反落。

原油相場レポート

29日のニューヨーク取引所の原油先物相場は反落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比0.58ドル安の1バレル=69.31ドルで取引を終えた。


(背景)
米週間石油統計でガソリン在庫が大きく増えたことから、夏場のドライブシーズンを前にガソリンの需要が予想以上に落ち込んでいるとの見方が広がり、売り注
文が優勢となった。

(ご参考)
★米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が1日発表した週間石油統計によると、6月26日現在の原油在庫(戦略備蓄を除く)は前週比370万バレル減の3億5020万バレルと4週連続で減少した。市場予想は210万バレルの減少。前年同週からは5410万バレル増えた。

★ガソリン在庫は230万バレル増の2億1120万バレル。市場予想は190万バレル増。前年同週からは180万バレル増えた。石油精製品在庫は290万バレル増の1億5500万バレル。予想は160万バレル増。前年同週比3530万バレル増えた。
posted by mori at 09:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。