2009年08月04日

ニューヨーク原油相場は続伸。

原油相場レポート

ニューヨーク原油相場は続伸。1カ月ぶりに一時1バレル=72ドル台に乗せた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日比2.13ドル(3.07%)高の1バレル=71.58ドルで終了した。


(背景)
製造業の生産拡大の兆しを背景に燃料消費が回復するとの楽観的な見方が広がった。米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業景況指数は縮小ペースが過去11カ月で最も緩やかだった。中国の製造業生産は約1年ぶりの高水準となった。また、S&P500指数が昨年11月以来初めて1000ポイントを突破したことも原材料需要の増大や価格上昇を支援するとの楽観につながった。
posted by mori at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。