2009年07月16日

ニューヨーク原油相場は大幅反発し、過去6週間で最大の上昇となった。

原油相場レポート

ニューヨーク原油相場は大幅反発し、過去6週間で最大の上昇となった。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比2.02ドル高の1バレル=61.54ドルで取引を終えた。


(背景)
★米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、製油所の稼働率上昇に伴い原油在庫が予想以上に減少したことが明らかになった。先週の原油在庫は281万バレル減少した3億4450万バレル。予想は210万バレルの減少だった。製油所の稼働率は87.9%と8月以来の高水準。
★株式相場の上昇で、景気の先行きに対する楽観が広がったことも、原油相場の支援材料となった。
posted by mori at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。