2009年08月13日

ニューヨーク原油相場は反発。

原油市場レポート

ニューヨーク原油相場は反発。ニューヨーク商業取引所の原油先物9月限は前日比0.71ドル高の1バレル=70.16ドルで終了した。


(背景)
★FOMCが政策金利を記録的な低水準に据え置いたことを好感し、株式が反発。
★ドルが対ユーロで下落した。
posted by mori at 14:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。