2009年07月01日

30日のニューヨーク取引所の原油先物相場は反落。

原油相場レポート

30日のニューヨーク取引所の原油先物相場は反落。米国産標準油種(WTI)8月渡しは、前日比1.60ドル安の1バレル=69.89ドルで取引を終えた。


(背景)
★米国で個人消費の低迷が長期化するのに伴ってガソリン需要が伸び悩むとの観測が広がった。
★ドルが他の主要通貨に強含んで推移したことも売り材料となった。
posted by mori at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。